気軽に健診を受けるために代行手続きがあります

健診 代行

会社勤めをすると必ず1年に1度健診を受けなければなりません。こうした健診を受けることに対して煩わしいと思う人も多いかもしれませんが、健診によって病気を見つけることができたり、病気にならないように気を付けたりするきっかけとなる場合も多いため健診を受けることは非常に重要であるといえます。またこうした健診を実施することは従業員だけでなく会社側にとってもメリットがあるといえます。これは従業員の健康を管理することで従業員の働く環境が適切かどうかを判断したり、改善したりすることが可能となるのです。また従業員の健康管理を行うことで生産性を向上させることが可能となるのです。しかしながら健診にかかる業務は企業においても煩わしいという場合が多いです。この場合には代行サービスの利用をおすすします。

健診の煩わしい業務は代行へ委託

健診を実施することは企業の義務ですが、通常の企業活動と並行して健診業務を行わなければならないため非常に煩わしいと感じる場合も多いです。特に多くの従業員を抱える企業にとっては従業員一人ひとりに合わせて健診を手配することは難題です。こうした場合におすすめなのが健診の代行サービスです。健診を代行することで指定病院の予約などの手続きに加えて、支払いの手続き、さらには健診結果のデータ化など健診にかかるあらゆる業務を行ってもらうことが可能になります。また最近では代行サービスを利用することによってインターネット上で従業員が健診の予約やキャンセルを行うことができる場合の他、健診を受診していない従業員に対しては通知することができるなど、従業員にとっても健診を受けるハードルを下げることができ、健診の受診率を上げられる点でも大きなメリットであるといえます。

健診の代行サービスを選ぶポイントとは

健診のあらゆる業務を委託することで、本来の企業活動に専念することが可能となる健診の代行サービスですが、最近では代行サービスを実施する業者も増加しています。そのためどこに健診を委託すればよいのかわからないという場合も多いでしょう。健診の代行業者を選ぶポイントはまずは提携病院の数や近隣の病院との提携があるかを確認しましょう。こうした病院で従業員は健診を受けることになり、提携病院の数が多くても周辺になければ、健診を受けることが煩わしいと感じる従業員が増加するため注意が必要です。またオンラインシステムが充実している代行業者であれば従業員の予約状況などがリアルタイムで確認できるため、こうしたサービスがあるかどうか、または料金がどの程度かかるのか、健診後のフォローの内容などで判断するとよいでしょう。

従業員サイトはスマートフォン・タブレットに対応しています。 定額・低料金で、データ登録・移行もサポートします! 専任チームによる、女性の為の健康支援サービスです。 弊社営業担当が全国の企業・健康保険組合に伺います。 健診予約は専用Webサイトから24時間受付可能です! 外国語対応可能な医療機関ネットワーク(都市部)。 『Re:Body』アプリとウェアラブルで健康管理です。 健診を代行するならウェルネス・コミュニケーションズへご相談を