代行手続きで健診を受けるための種類やサービス

健診 代行

会社は雇用している労働者に対して一年に一回、健康診断を行う事が義務付けられています。健康診断を受ける時期は会社によって違いますが、一度に多くの人が受けるとなると、医療機関への予約の手配やデータ管理などの手続きが面倒であったりしますよね。普段の業務が忙しく、健診業務まで手が回らないという企業も多いのではないでしょうか。そこで昨今は健康診断代行会社というものが登場しています。健康診断の代行はもちろん、医療のデータ処理、ストレスチェック、健診後のフォローチェックを行っている所もあります。ストレスチェックの結果で本人の希望により医師の面接指導を受けることもできます。会社によって提供しているサービスは違いますが、企業の社員数が多い場合は管理が大変なためかなり助かるでしょう。

健診の代行サービスの探し方と注意点

健診の代行サービスはネットで検索するとたくさん出てきます。その中から自分の会社にあったものを探すには、それぞれの代行サービスのホームページをよく見て検討するようにしましょう。代行サービスが提携している医療機関が会社の近くにあるかどうかを確認するとよいでしょう。企業によって健康管理業務における要望も違うので、ニーズが合わない場合もあります。カスタマイズの幅が広いところを選ぶようすると安心です。ニーズをくみ取って企業にあった提案をしてくれるところを選ぶとよいですね。代行サービスに依頼すると当然費用がかかってきますので、いくつか見積もりをとっておき費用とサービス内容をよく検討し決めることをおすすめします。また、どんなスタッフの方が働いているのかも決めるうえで重要になってくると思いますので、対応を知るため電話で不明点などを聞くようにするとよいでしょう。

健診の代行サービスのメリットについて

健診の代行サービスによるメリットはいくつもあります。健康診断を実施する方法は二種類あり、一つ目は会社での集団実施、二つ目は従業員に会社が指定した医療機関で受診してもらう方法があります。企業の従業員数によってどちらか最適な方を選択することができます。会社で行うのは難しいという場合には会場を手配してもらうことも可能です。そして代行サービスは健康診断・健康管理作業の豊富な知識を持つ専門家の為、作業も効率的に進めることが出来るのでコストダウンが可能になるのです。一番のメリットは、大切な従業員の健康が守られることです。企業の担当者は専門知識がなく、医師の診断書を見てもこの程度なら仕事に支障はないだろうと誤った判断をしてしまうかもしれません。当然のことながら従業員の健康がなければ、企業を守ることはできません。