健診の代行サービスを利用するメリットとは

健診 代行

一般企業に勤めている方なら年に一度は必ず受けなくてはならない健康診断、この業務に当たるのは容易な事ではありません。実際、健診の管理業務に携わる担当者は本来の業務を一旦中断しても、健康診断の日程までに全ての業務を終えなくてはならず、その負担はかなりのものです。そういった負担を少しでも減らすべく利用されているのが健診の代行業務を請け負うサービスです。この代行業務を取り入れた企業はそれまで健診に費やしていた時間が半分以上少なくなるなど、かなり大きなメリットを得ています。代行業務を請け負う業者は全国何千もの医療機関と提携しており、転勤などがあっても転勤先に情報を移すことができるので、日本全国ほとんどの企業で利用できるのも大きなメリットであり、代行業者を利用する企業が増えている理由の一つでもあります。

健診の代行サービスを導入するメリットの多さ

そうした全国に幅広く健診の代行サービスが広まっている事のメリット以外にも、多くのメリットが代行サービスにはあります。例えば健康診断に関わる業務の中でも頭を悩ませる二大業務が、健康診断の日程を決める事と健康診断に申込みしていない人にリマインドをし続ける事です。日程を決めるというのは、ただ時期に合った日を選べばいいというものではなく、社員のスケジュールを確認しある程度の期間中に社員全員が健診を受けられる様に設定しなくてはなりません。ここで頭を悩ませようやく日程を決めたところで、全員からの申し込みが完了するまでがまた更に時間がかかるところです。この二大業務を代行してもらえるだけでも担当者はかなりの負担を減らす事ができます。ですが健診の代行サービスのメリットは健康診断が終わった後にこそ大きくあります。

健診の代行サービスで楽々データ管理から精算まで

健康診断を受けると当然のことながら結果が個人個人に送られてくるのですが、そのデータを管理するのも担当者の業務の一つです。そして最初でお話した様に転勤などがあると、その人のデータを送る事も必要となってくるので、年度末などにも健診に関わる業務があるのです。このほとんど年中追われる事になる管理業務も、健診の代行サービスなら全て任せる事が可能です。健診結果を管理するシステムがあり、そこへアクセスすれば簡単に情報を閲覧する事もできます。もちろん結果に問題のある人には保健指導がなされ、メタボ対策なども行われます。そして健診に関わる精算業務も行ってくれるので、担当者の負担は代行サービスを導入する前の何分の一にも減る事でしょう。これが健診の代行サービスが広く利用されている理由なのです。