健診の手続きをしてくれる代行業者はこうやって見つけます

健診 代行

労働安全衛生法による健康診断は、その第66条1項で医師による健康診断を行う必要があることを規定されています。つまり、会社は社員に対して健康診断を受けさせる必要があるのです。怠ると「法律違反」になります。また、社員は自身の意思に関係なく健康診断を受けなければいけません。受けなければこれも「法律違反」になります。しかし、会社は必要性を認めつつも本音はできるだけ簡素に済ませたい「業務」ではないでしょうか。また、社員の方も健康診断の必要性を理解しているけれど、その煩雑さから後回しにして催促されることが多いケースというのもよくあることです。最近、多くの生命保険会社は健康診断を元に保険料の割引を実施する商品を販売しています。健康診断を社員の健康維持や資産形成と一緒に考える時代に入りました。健診の代行サービスがこれらの問題を解決してくれます。

健診代行サービスとは何でしょう?

健康診断を行うときにまず大変なのは医療機関の予約です。数千人規模の会社であれば会社に健診用の施設を作ることも可能ですが、多くの会社では医療機関を予約して社員に健診を受けさせます。従業員50人以上の会社では健康診断の結果を労働基準監督署に提出しなければいけません。また健康診断の結果を5年分は保管しなければいけません。健康診断の結果、2次検査の必要な社員へのサポートなど健康診断に関する業務はかなり多いです。これを「社員」が行うのはかなり「もったいない」です。健診代行サービスはこれら本業以外の仕事をアウトソーシングします。代行サービスを実施する会社は健康診断が「本業」です。プロに任せましょう!医療機関の予約、健康診断書の作成や保管など全ての業務を代行してくれます。

代行業者選定のポイントは何か?

健診代行サービスの業者選びで大事なポイントは3点あります。一番大事なポイントは医療機関とのネットワークです。全国の医療機関とネットワークがあること。その医療機関の数が1000以上であることが重要です。ネットワークの数は多ければ多いほどよい健診が実施できます。社員は最適な医療機関を選択することができます。例えば、休日に健康診断ができる医療機関や早朝や遅い時間に健康診断が可能な医療機関が選択できると便利です。医療機関も選んでもらうためにより細かく親身なサービスが実施されます。次のポイントは清算代行が行われることです。会社が社員1人1人の経費を清算していたのでは大変です。健診代行でお金の流れもスマートにします。最後のポイントは結果データの一元管理です。データの管理や活用方法は代行する会社が一番得意とする分野です。会社は代行業者と共に社員の健康管理と今後の方針を決めることが可能になります。