手作りの財布に挑戦したい人におすすめアドバイス

手作りの財布に挑戦する際、基本的な作り方を覚えておくと綺麗な財布に仕上げられます。作りたい財布のイメージがあるなら、やり方次第で実現可能です。そこで、ここでは手作りの財布を作る方に役立つ、おすすめのアドバイスを5つ紹介していきます。1つ目は、簡単な作り方を知っておく事です。例えば、財布を手作りは順序良く進めていくようにしましょう。作りたい財布のイメージに近い型紙を入手して、型紙通りに生地を切り取り、パーツ毎に縫い合わせや貼り合わせを済ませていくのが基本です。全てのパーツが完成してから1つの財布に組み合わせる方が、全体のチェックや微調整等をしやすくて仕上りが綺麗になります。また、パーツ毎に作っていく事でパーツ作成中にミスをしても作り直しが簡単です。

しっかりした生地の財布を作る為のアドバイス

プロのハンドメイド作品や市販されている製品のように、しっかりした生地の財布を作るには2つのアドバイスがあります。1つ目は、接着芯を使う事です。財布の形状を作ったり、生地にシワが寄りにくくなるようにできますので、手作りに必須の材料になります。厚めの接着芯を使う際は、指サックを用意しておくと怪我の予防に役立つものです。2つ目は、生地選びで工夫をする事です。最初に作る物は練習用として、シーチング等の薄手の生地を使うと良いでしょう。作り方に慣れてきたら、ツイル等の厚みとハリのある生地を使うようにすると失敗が少なくなります。生地の色は、無地のシンプルな物を選ぶと全体の雰囲気が良くなります。モノトーンを基調にして好きな色を1つ混ぜる程度にすると、財布の形状やデザインを問わず利用しやすいものです。

使いやすい財布に仕上げる為のアドバイス

手作り財布を使いやすい物に仕上げる為に、2つのアドバイスがあります。1つ目は、できるだけ薄く作る事です。厚みを抑えた物はポケットの中で収まりがよく、服の下から目立ちにくくて使いやすいものです。バッグの中でも嵩張りにくく、軽いので持ち運びも楽になります。2つ目は、財布のスリットやポケットの形状や配置を工夫する事です。カード入れはカードをしっかり固定できるようにして、カードの抜け落ちを防ぎましょう。小銭入れの口は広い方がおすすめです。手を入れやすくて小銭を探すのも取り出すのも簡単です。紙幣用のポケットは仕切りを入れておくのも良いでしょう。紙幣とレシートとを分けておいたり、紙幣の額によって入れる場所を変えて使いやすくできます。これらのように手作り財布を上手に作るには様々なコツがあるものです。焦らず時間をかけてゆっくり作れば、初めてでもクオリティの高い見栄えの良い物に仕上げられます。